ドラゴンスレイヤーシリーズ第6弾。オーソドックスなRPGスタイルを徹底的に煮詰めた丁寧なゲームデザインは必見!
1990年に日本ファルコムからリリースされた『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』(MSX2版)は、“ドラゴンスレイヤーシリーズ”の第6作として、また“英雄伝説シリーズ”の第1作としても知られるRPGです。
これまでの“ドラスレ”が、斬新なゲームシステムをウリにしていたのに対し、本作はシナリオや世界観に重きを置いた正統派RPG。
豊かな自然に恵まれた世界エルアスタを舞台に、ファーレーン国のセリオス王子が、亡き父の敵討ちをするものになっています。
    • このタイトルをシェアする


スクリーンショット


商品説明

【商品説明】
 1990年に日本ファルコムからリリースされた『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』(MSX2版)は、“ドラゴンスレイヤーシリーズ”の第6作として、また“英雄伝説シリーズ”の第1作としても知られるRPGです。これまでの“ドラスレ”が、斬新なゲームシステムをウリにしていたのに対し、本作はシナリオや世界観に重きを置いた正統派RPG。エンカウント方式の遭遇方法、コマンド選択肢の戦闘など、誰にでもなじみ深いシステムを採用しています。そういう意味では“ドラスレの転換期”といえるかもしれません。

 ゲームは、豊かな自然に恵まれた世界エルアスタを舞台に、ファーレーン国のセリオス王子が、亡き父の敵討ちをするものになっています。セリオスとその仲間や、エルアスタの世界に生きる住人達は実に丁寧に描かれています。特にそれぞれの目的や思惑、性格などが垣間見えるイベントなどは、ゲームの世界観やストーリーに深みを与えてくれることでしょう。他にもオートバトルモードや移動時の位置補正など、テンポ良く楽しめる配慮も相まって、プレイヤーはゲームの世界にグイグイと引き込まれていくことになります。

 今回配信するMSX2版は、他の機種版とは一味違った配色が美しいオープニングデモやFM-PACに対応したサウンドなど、MSXの性能を活かしたチューニングがされている点も見逃せないポイント。


【操作方法(PC・キーボードでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤー、カーソルの移動
 [Space]      :コマンドの決定
 [Shift]      :コマンド選択画面の表示、コマンドのキャンセル
 [Enter]      :アイテムを使用する
 [F1]       :(所有していれば)ヨシュアの鏡を使用する
 [F2]       :現在の状況に最適なワプの呪文やアイテムを使用する
 [F3]       :アイテム選択画面を開く
 [F4]       :セーブ画面を開く
 [F5]       :RAMロードを行う
 [1](*注意)    :ディスク切り替え(PROGRAM DISKをセットする)
 [2](*注意)    :ディスク切り替え(SCENARIO DISK 1 をセットする)
 [3](*注意)    :ディスク切り替え(SCENARIO DISK 2 をセットする)
 [4](*注意)    :ディスク切り替え(SCENARIO DISK 3 をセットする)
 [5](*注意)    :ディスク切り替え(USER DISKをセットする)

【操作方法(PC・ジョイパッドでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤー、カーソルの移動
 [ボタン1]     :コマンドの決定
 [ボタン2]     :コマンド選択画面の表示、コマンドのキャンセル

【操作方法(スマートフォンでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤー、カーソルの移動
 [ボタン1]     :コマンドの決定
 [ボタン2]     :コマンド選択画面の表示、コマンドのキャンセル
 [ボタン3]     :(所有していれば)ヨシュアの鏡を使用する
 [ボタン4]     :現在の状況に最適なワプの呪文やアイテムを使用する
 [ボタン5]     :アイテム選択画面を開く
 [ボタン6]     :セーブ画面を開く
 [ボタン7]     :RAMロードを行う
 [DISK](*注意)   :ディスク切替え画面表示


*注意:ディスク切替えは、ゲームプレー中に指示された箇所でのみ行って下さい。
*注意:RAMロードについて
  本作品は、ゲーム中にプログラムが必要に応じて自動的にコンピュータ内で
  最新のデータをセーブしています。買い物や建物に入る等の行動を取った直後に
  「RAMロード」を使う事で、それらの行動を起こす直前に戻ることができます。
  ただし、「RAMロード」の保存内容はアプリケーションを閉じたり、
  アプリケーションメニューの「終了」から「タイトルに戻る」を選択すると
  消えてしまうのでご注意ください。
※注意:SRAMには対応しておりませんのでセーブの際には「SRAM」は選択しないで下さい。 


(C)Nihon Falcom Corp. All rights reserved.
(C)2018 D4Enterprise Co.,Ltd.
(C)2018 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
 'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.