古代王国イースを舞台に、壮大に展開される物語。前作から引き継がれた数々の設定が解き明かされる怒涛の展開は必見!
1988年に日本ファルコムからリリースされたアクションRPG『イースII』は、“優しさから、感動へ”をキャッチコピーに、練り込まれたシナリオ、遊びやすいゲームシステム、練られたサウンドなど高い完成度で大ヒットとなった作品です。
今回は前作で六冊のイースの本を集めた赤毛の冒険家アドル・クリスティンが、本の魔力によって天空の世界へと導かれ、古代王国イースの謎に迫るという内容となっています。
前作同様に体当たりで攻撃というシンプルなゲームスタイルですが、今回は魔法という追加要素によって、戦闘はより迫力のあるものになり、移動魔法は物語のスケールを広げつつも冒険のテンポを落とさない要素として、ゲームを盛り上げてくれることでしょう。
    • このタイトルをシェアする


スクリーンショット


商品説明

【商品説明】
 1988年に日本ファルコムからリリースされたアクションRPG『イースII』は、“優しさから、感動へ”をキャッチコピーに、練り込まれたシナリオ、遊びやすいゲームシステム、練られたサウンドなど高い完成度で大ヒットとなった作品です。現在でも新作がリリースされているため、ゲームファンであればイースの名前くらいは聞いたことがある人も多いでしょう。

 今回は前作で六冊のイースの本を集めた赤毛の冒険家アドル・クリスティンが、本の魔力によって天空の世界へと導かれ、古代王国イースの謎に迫るという内容となっています。前作同様に体当たりで攻撃というシンプルなゲームスタイルですが、今回は魔法という追加要素によって、戦闘はより迫力のあるものになり、移動魔法は物語のスケールを広げつつも冒険のテンポを落とさない要素として、ゲームを盛り上げてくれることでしょう。そんな魔法の中でも注目したいのは“魔物と会話が出来る魔法”。これはゲームを進める上で必要不可欠な魔法で、バラエティ豊かな魔物たちの生活感が垣間見られるという興味深いものとなっています。

 前作よりも軽快になった処理速度、扉に入る時の自動位置補正、メッセージに漢字が使われるようになるといった小粒ではあるものの気の利いたマイナーチェンジに加えて、怒涛のオープニングアニメーションや、よりドラマチックになったイベントシーン、ボスキャラとの対決など、続編の名にふさわしい進化を遂げてる本作。前作と併せてプレイすれば面白さが倍増することは間違いありません。良質のアクションRPGを楽しみたい方にオススメの一本といえるでしょう。

 なお、今回配信のMSX2版はPSGによるBGMや512色中16色表示を利用したグラフィックなど、他機種版とはまた違った特徴があります。


【操作方法(PC・キーボードでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤーの移動
 [Space]      :魔法を使用する、決定
 [Enter]      :アイテムを使用する
 [S]        :ステータスを見る
 [I]        :アイテムを見る、装備する
 [E]        :武器・防具・魔法を見る、装備する
 [Shift]      :会話のスピードアップ
 [Esc]       :ポーズ、ポーズの解除
 [F1]       :ロード
 [F4]       :セーブ
 [1](*注意)    :ディスク切り替え(PROGRAM DISKをセットする)
 [2](*注意)    :ディスク切り替え(DATA DISKをセットする)
 [3](*注意)    :ディスク切り替え(USER DISKをセットする)

【操作方法(PC・ジョイパッドでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤーの移動
 [ボタン1]     :魔法を使用する、決定
 [ボタン2]     :アイテムを使用する

【操作方法(スマートフォンでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤーの移動
 [ボタン1]     :魔法を使用する、決定
 [ボタン2]     :アイテムを使用する
 [ボタン3]     :ステータスを見る
 [ボタン4]     :アイテムを見る、装備する
 [ボタン5]     :オープニングをスキップする
 [ボタン6]     :武器・防具・魔法を見る、装備する
 [ボタン7]     :ロード
 [ボタン8]     :セーブ
 [DISK](*注意)   :ディスク切替え画面表示


*注意:ディスク切替えは、ゲームプレー中に指示された箇所でのみ行って下さい。


(C)Nihon Falcom Corp. All rights reserved.
(C)2017 D4Enterprise Co.,Ltd.
(C)2017 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
 'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.