シューティングゲームにアドベンチャーゲームなどの要素を組み合わせた意欲作。宇宙を舞台に「巨神の封印」を巡るクールなストーリーが展開されます。
1989年にリリースされた、横スクロール型シューティングゲーム。プレイヤーは「宇宙の運び屋(スター・トレーダー)」となって愛機フェンリルを駆り、様々な依頼をこなしていくことになります。
メインともいえるシューティングパートでは、愛機フェンリルを操作して宇宙空間を舞台に様々な敵と戦うことになります。基本的には様々な依頼をこなしてお金を稼ぎ、装備(バルカン、ツインバルカン、レーザー、フォトン、シールドなど10種類以上)を購入。次第に難度の高いステージにチャレンジしていくことになります。
もう一つの大きな特徴として、シューティングゲームでありながら、プレイヤーの行動選択によってストーリー展開が異なるという、アドベンチャーゲーム的な要素が盛り込まれている点も魅力です。
    • このタイトルをシェアする


スクリーンショット


商品説明

【商品説明】

 人、光の翼をもち、高き神のそら、かけぬけん。巨神の怒り、天空をゆるがし、いかづち乱れ、翼を、射抜かん。光のかがやき、失われ、そらの扉、重きをなす。こののち、人、嘆きと共に、地を這うものとなりぬ。「発掘された7つの書」より、「巨神の封印の一節。」

 本作は1989年にリリースされた、横スクロール型シューティングゲーム。プレイヤーは「宇宙の運び屋(スター・トレーダー)」となって愛機フェンリルを駆り、様々な依頼をこなしていくことになります。そして最初は単なる運び屋だった主人公ですが、ストーリーの進行とともに「巨神の封印」を巡る壮大なストーリーへと巻き込まれていきます。

 メインともいえるシューティングパートでは、愛機フェンリルを操作して宇宙空間を舞台に様々な敵と戦うことになります。基本的には様々な依頼をこなしてお金を稼ぎ、装備(バルカン、ツインバルカン、レーザー、フォトン、シールドなど10種類以上)を購入。次第に難度の高いステージにチャレンジしていくことになります。ステージに合わせて装備を換装するといった戦略性、巨大戦艦や触手といった手に汗握る敵、さらにはステージによっては左から右への逆転スクロールするシーンなど、細部に渡って丁寧に作り込まれている点は、さすが日本ファルコムといったところでしょう。

 またもう一つの大きな特徴として、シューティングゲームでありながら、プレイヤーの行動選択によってストーリー展開が異なるという、アドベンチャーゲーム的な要素が盛り込まれている点も魅力。1度クリアしても、今度は違う選択肢を選ぶことで異なったストーリーが楽しめるため、繰り返して遊ぶことでちょっとしたIFや本作の全貌が分かるという面白さもあります。 日本ファルコムお得意のドラマチックな展開が、プレイヤーをゲームの世界にグイグイ引き込んでくれることでしょう。


【操作方法(PC・キーボードでの操作)】
 テンキーの[2][4][6][8] :自機の移動、カーソル移動
 [SPACE]、[X]   :マウントAのウェポン使用
 [ENTER]、[Z]   :マウントBのウェポン使用
 [SHIFT]      :シールド装備時にシールド使用
 [ESC]       :ポーズ、ポーズ解除
 [F1]、[F2]、[F3] :ゲーム速度調整。数字が小さい程高速で動作
 [1](*注意)    :ディスク切り替え(PROGRAM DISK をDRIVE1にセットする)
 [2](*注意)    :ディスク切り替え(USER DISK をDRIVE1にセットする)

【操作方法(PC・ジョイパッドでの操作)】
 [↑][↓][←][→]  :自機の移動、カーソル移動
 [ボタン1]     :マウントAのウェポン使用
 [ボタン2]     :マウントBのウェポン使用

【操作方法(スマートフォンでの操作)】
 [↑][↓][←][→]  :自機の移動、カーソル移動
 [ボタン1]     :ゲームスタート、マウントAのウェポン使用
 [ボタン2]     :マウントBのウェポン使用
 [ボタン3]     :シールド装備時にシールド使用
 [ボタン4]     :ゲーム速度調整(低速)
 [ボタン5]     :ゲーム速度調整(中速)
 [ボタン6]     :ゲーム速度調整(高速)
 [ボタン7]     :ポーズ、ポーズ解除
 [DISK](*注意)  :ディスク切替え画面表示


*注意:ディスク切替えは、ゲームプレー中に指示された箇所でのみ行って下さい。

(C)Nihon Falcom Corp. All rights reserved.
(C)2017 D4Enterprise Co.,Ltd. / (C)2017 MSX Licensing Corporation.