某傭兵団の冒険を描いたシミュレーションRPG。1ターンで複数行動ができたり、反撃システムがあったりと、作り込みも◎!
1993年に発売されたブックタイプのDS#1に収録されていたシミュレーションRPG。プレイヤーは傭兵の一団を率いて様々な敵と戦うという内容になっています。
ゲームはトップビューのターンバトルで、マップ上の敵を全滅させればクリアとなります。
見所はユニークな戦闘システム。本作では各ユニットは1ターンで「移動」「道具」「攻撃」の3つの行動できるので、これらを効率よく使って戦うことが攻略の鍵となることでしょう。
    • このタイトルをシェアする


スクリーンショット


商品説明

【商品説明】
 今を遡ること500年前。この世界を二分する大規模な戦争があった。大陸の東側の人々は神の名のもとに。大陸の西側の人々は妖魔の下僕となって戦った。戦闘は熾烈を極め、全人口の6分の1が戦禍で命を失った。長い戦いの末、東側の敗北が濃厚となった時、紙は一振りの剣を人間に与えた。神の軍勢は勢いを盛り返し、遂に、決戦が大陸の中央で行われた。だが……紙は両軍の大半が集まっている大陸の中央に稲妻を落とし大地を二つに裂いたのだった。

 『デビルフォース -前編-』は、1993年に発売されたブックタイプのDS#1に収録されていたシミュレーションRPG。プレイヤーは傭兵の一団を率いて様々な敵と戦うという内容になっています。

 ゲームはトップビューのターンバトルで、マップ上の敵を全滅させればクリアとなります。見所はユニークな戦闘システム。本作では各ユニットは1ターンで「移動」「道具」「攻撃」の3つの行動できるので、これらを効率よく使って戦うことが攻略の鍵となることでしょう。また、隣接戦闘で倒せなかった場合は反撃されるシステムなので、近接戦闘を仕掛ける場合は、事前に弓矢や魔法でダメージを与えておくことも必須。戦闘では上手に作戦を組み立てないと、思わぬ反撃を食ってピンチになることも……。

 ちなみに、本作は『女神の剣』の続編で、前作から約40年後の世界を描いています。前作を遊んでいる人は、成長した(年を重ねた?)キャラクターを楽しみ、もしも遊んでいないのなら、この機会に2作一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。またタイトルに“前編”と付いていることからも分かるように続編も用意されています。


【操作方法(PC・キーボードでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤー、カーソルの移動
 [Space]      :コマンドの決定、メッセージを進める、ゲームスタート
 [Delete]      :コマンドのキャンセル、ステータス確認

【操作方法(PC・ジョイパッドでの操作)】
 利用できません

【操作方法(スマートフォンでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤー、カーソルの移動
 [ボタン1]     :コマンドの決定、ゲームスタート
 [ボタン2]     :コマンドのキャンセル、ステータス確認


(C)2018 D4Enterprise Co.,Ltd. / (C)2018 MSX Licensing Corporation.