『Xak』シリーズに登場した人気キャラ「フレイ」が主人公の、コミカルタッチな外伝的ストーリーのゲームです。
1991年にマイクロキャビンからリリースされた『FRAY』は、同社の『Xak』で人気となったフレイを主人公としたアクションRPGです。いわゆるスピンオフ作品で、シリアスなサーク本編とは異なり、明るく楽しい冒険が楽しめる点が特徴となっています。
ゲームはトップビューのアクションRPGで、街は縦横無尽に動き回れますが、冒険シーンでは上方向のみのスクロールとなり、溜め攻撃やジャンプを駆使して突き進むものになっています。
    • このタイトルをシェアする


スクリーンショット


商品説明

【商品説明】

 ある日、フレイア・シェルバーン(通称フレイ)は、森の泉に水を汲みに来ていたものの、運悪くモンスターに襲われて怪我を負ってしまったのです。たまたまそこに通りがかった冒険者のラトク・カートは、モンスターを蹴散らすとフレイを抱えて病院へと送り届けたのでした。その日から、フレイはラトクに惚れてしまい、冒険者であるラトクと一緒にいるには、どうすれば……と考えるようになります。そして、そんな想いから彼女は魔法学校に入学。修行を重ねること三年、魔法使いとなったフレイはフェアレス町へ戻りましたが、そこにはラトクの姿はなく、一通の置手紙が。「ゆくえ不明の父さんを一緒に探す約束をしていたけど、一人で旅に出るよ……君との約束を守れなくてすまないと思っている」。悲しみに暮れるフレイでしたが、友達に励まされて彼女はラトクを追いかけることを決心するのでした。果たして、ラトクに追いつけるのでしょうか?

 1991年にマイクロキャビンからリリースされた『FRAY』は、同社の『Xak』で人気となったフレイを主人公としたアクションRPGです。いわゆるスピンオフ作品で、シリアスなサーク本編とは異なり、明るく楽しい冒険が楽しめる点が特徴となっています。

 ゲームはトップビューのアクションRPGで、街は縦横無尽に動き回れますが、冒険シーンでは上方向のみのスクロールとなり、溜め攻撃やジャンプを駆使して突き進むものになっています。ちなみに冒険シーンは上方向のみのスクロールとなりますが、これはシューティングゲームのように強制スクロールではなく、移動した分だけ上にスクロールするという仕組みとなっているので、マイペースなプレイが楽しめることでしょう。


【操作方法(PC・キーボードでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤーの移動
 [C]        :攻撃(押し続けるとチャージ)、実行
 [X]        :ジャンプ、キャンセル
 [SPACE]      :魔法を使う、アイテムを使う
 [SHIFT]      :メニューを開く
 [ESC]       :キャンセル
 [1](*注意)    :ディスク切り替え(DEMO DISK0をセットする)
 [2](*注意)    :ディスク切り替え(DEMO DISK1をセットする)
 [3](*注意)    :ディスク切り替え(GAME DISK0をセットする)
 [4](*注意)    :ディスク切り替え(GAME DISK1をセットする)
 [5](*注意)    :ディスク切り替え(USER DISKをセットする)

【操作方法(PC・ジョイパッドでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤーの移動
 [ボタン1]     :ジャンプ、キャンセル
 [ボタン2]     :攻撃(押し続けるとチャージ)、実行

【操作方法(スマートフォンでの操作)】
 [↑][↓][←][→] :プレイヤーの移動
 [ボタン1]     :ジャンプ、キャンセル
 [ボタン2]     :攻撃(押し続けるとチャージ)、実行
 [ボタン3]     :メニューを開く
 [ボタン4]     :キャンセル
 [ボタン5]     :起動時メニューにて、初めからゲームを開始する
 [ボタン6]     :起動時メニューにて、途中からゲームを開始する
 [ボタン7]     :魔法を使う、アイテムを使う
 [DISK](*注意)   :ディスク切替え画面表示


*注意:ディスク切替えは、ゲームプレー中に指示された箇所でのみ行って下さい。


Copyright (C) MICROCABIN INC. All rights reserved.
(C)2017 D4Enterprise Co.,Ltd.
(C)2017 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
 'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.